カテゴリー
木曜

援助交際を希望するJC

JCと援交するつもりなのにおばさんにホ別2払う
「相互オナだったら格安で勉強させてもらいまっせ」と、援助交際を希望するJCのアスナちゃんは大阪商人みたいなことを言っていた。
「いやー、やっぱ未成年だしさー、JCだしさー、セクロスは何かとまずいと思うのよねー」
まずいどころが大問題だ。JCのアスナちゃんと僕はいったい何を話しているのだろう?
「ひまぷー。誰か喋ろーぜ。ビッチビチのJCだお」と、チャットサイトで相手募集していたアスナちゃんに声をかけて、こうやってアプリ通話しているわけだが、そもそもビッチビチとはなんぞや?きっと、ピッチピチと言いたかったものと思われる。
それはともかく、僕も援助交際を希望するJCを探していたわけではないものの、下心がなかったと言えばうそになる。ビッチビチのJCが、うっかりおっぱいぽろーんとか言うラッキースケベ展開を妄想したりもしていた。
そんなこんなで、スマホ越しのアスナちゃんは小学生っぽい子供っぽさを残しつつ、雑誌モデルをそのままマネしたようなギャルメイクの、JCと言えばJCらしい女の子で、これはラッキーだと思ったものだが
「うっかりおっぱいぽろーんとか期待してやんの?アハハハ、ウケるー!〇ラックサンダー10マンコくらい援助してくれたらぽろーんしてやるよー」
こんな感じのふざけたギャルだった。
そして、気づけば援助交際に誘われていた。援助交際と言ってもオンラインまでだが、相互オナ・・・つまり、JCマンコも格安に見せてくれると言う。
しかし、それは受けてはいけない。オンラインとは言え、条例には引っかかる。僕にはまだ人生でやり残したことがある。
僕が丁重にお断りすると
「なんだー、おにーさん、損したねー。今なら、〇ラックサンダー5マンコにまけておいてあげたのに」
なぜ、そこまで〇ラックサンダーにこだわるのかはわからないが、どうやらアスナちゃんも本気ではなかったようだ。当たり前である。
うっかり、その気になってJCとオンラインセックスして逮捕されたら僕の人生は終わる。いつか、JCとオフパコするという僕の夢を叶えるまでは捕まるわけにはいかないのだ。
お金をください
お金くれるパパ

カテゴリー
土曜

FTMの舐め犬

FTMとセックス
勤めていた美容院がつぶれて、しばらくの間、1000円カットの某チェーン理髪店で働いていた。
10分1000円なんで、あまり凝った髪形を施す時間もなく、無頓着な男相手だったらいいのだけど、女性が来られた日には緊張感が走ったものだ。美容院で女性を相手にしていたので、女性はやっぱり「髪は命」という意識が植え付けられていたしね。
ある時、お客にショートカットの女の子が来たんだよ。わ、めんどくさいオーダーは嫌だな、と思っていたら「角刈りにしてください」と来たんだ。え?と思ったね。女の子に見えるけど、実は男?とも考えたけど、そうも思えない。
一応「バリカン入れますけどいいですか?」と断って角刈りにしたんだ。いいのかなあ?と思いながらね。
でもさ、案外と似合ってたんだよ。似合っていると言うのは、髪型ではなくてその本人との相性で、短くなった髪を撫でながらニコっとしている姿がマッチしていたんだよね。
その話を行きつけのバーでママに話したら
「ああ、それはきっとFTMよ」と言われた。
「男の子みたいになりたいと思っても、普通の理髪店じゃなかなか言いにくいものね。理容士さんと親密にはならない1000円カットくらいが一番うってつけ。だから、アンタ、いいことしたんだよ」
それがきっかけで、FTMに興味を持ったんだ。角刈りにしたくてもできないFTMがこの俺(と言うか1000円カット)を頼ってきた時の気持ちを考えると、自分がFTMの舐め犬になってでも、彼女たちの人権を守ってあげたいという思いが募ったのである。
お金が貯まったら、FTM専用の美容院をオープンするのもいい。FTMが周りを気にせずに好きな髪形をオーダーできる雰囲気の店、それが俺の夢となったんだ。FTMの舐め犬ならぬFTMのカット屋だ。ついでに下の毛を刈ってもいいぜ!
ところで、そのFTMの女の子と町で偶然再会した。かわいい女の子を連れていたのでデートの最中だったのだろう。角刈りにキャップをかぶってにこやかと彼女と話すFTMを見て、自分はいい事をしたんだな、としみじみと思った・・・が
「やっぱり1000円は安かろう悪かろうだよな。髪の毛がツンツンしてたまらねーよ」
・・・地獄に落ちてしまえ!
MTF掲示板
ゲイサポ掲示板