カテゴリー
月曜

エロイプ募集

オナニーの見せ合いができるアプリのエロイプアプリなら即使える
エロイプ募集して楽しんだ女エミのことがマジで好きになりました。最初はエロイプ募集で知り合いネットだけで楽しんでいたけれど、お互いにポケモンゲームが趣味でゲームでやり取りもするようになってからはHなこと以外でも楽しむようになりました。Hなことをする時はラインのテレビ電話でやっているけれど、顔はお互い写していないのでどんな顔か分かりません。だけど似ている芸能人は誰と言う質問をしてみると、俺の好きな某女優さんに似ていると言われ期待が膨らむばかりでした。そして、俺はジャングルポケットの斉藤さんに似ていることを伝えました。ゲッと思われるかなと思いましたが「本当に。私その人大好きだよ。顔もタイプだよ。」と言ってくれて嬉しかった。これでもしお互い会ったらすぐ付き合ったりするかもねみたいな話もしました。
そして、季節はクリスマス。エミと知り合って3ヶ月が経ちました。クリスマス1人で過ごすのは寂しいよねと言う言葉から一緒に過ごしてみると誘ってみるとエミは喜んでくれました。会う日が決まってからはHな質問やオナみたいなこともやりづらくなってしまいゲームをやる時に交流する機会が増えていました。だから、会った時にどう接したらいいか悩んだりもしました。
当日、エミが先に着いたというので着ている服を目印に探してみるとすぐ見つかりました。しかし、某女優に全然似てない。逆にお笑いのやすこに似ていると思ってしまいました。いろんな妄想がいっきに崩れた瞬間でした。
オナ電募集アプリ
エロライブチャット
オナ電募集アプリ

カテゴリー
水曜

無償でお金くれる人

パトロン探し
彼と出会ったのは友達の紹介でした。お金を持っていて、自慢好きが欠点だけど彼女募集していると言うから会ってみると言われて会いました。何度かメールをした時に彼は時計を集めるのが趣味と言っていろんな時計の写メで送られてきました。そんな彼は自分で友達想いだから無償でお金を貸したりもしているから友達の間では無償でお金くれる人と思われているかもと言いました。友達からは自慢好きと聞いていたけれど、友達思いでこの自慢ならいい話だなと思いました。
それからしばらくして彼に会いました。自分が1番のお気に入りと言う時計をしていました。会話も全部彼の自慢話で少し聞いて疲れましたが「無償でお金くれる人だったら私がお金に困っていたら助けてくれる。」と聞いたら「いいよ。」と言ってくれました。それから1ヶ月後、彼といい感じの頃にコロナで仕事が激減。収入も減ってしまい支払いにちょっと困っていた私は彼にお金を貸してほしいと尋ねました。彼は「貸してもいいけど今度会ったらチューしてくれるならいいよ。」と言うので、彼に好意を感じていた私にとってそれだけでお金が貰えるなら嬉しいと思いました。
ところが、その日の夜友達から連絡ありました。紹介した男要注意だったよ。嘘ばかりつくから気をつけて。友達に無償でお金をあげた話をすると「それ嘘。利息を付けて返せって言われ毎日鬼のように電話がかかるみたい。」その言葉で好きという気持ちが一気に冷めてしまいました。
困った時に助けてくれる人
お金を助けてくれる人